沿革

1961年(昭和36年)
12月

東京・上野不忍池畔に中国料理のレストランとして「上野店」オ-プン。

1966年(昭和41年)
10月

上野店の増改築工事竣工。中国料理の殿堂として、地上8階、地下2階、延べ1万3百平方メ-トルの偉容が完成。客席総数3千席は世界一の規模を誇る。

1967年(昭和42年)
5月

業界で初めて労働組合を発足。

1969年(昭和44年)
4月

赤札堂発祥の地、東京・深川にチェ-ン店第1号店として、「深川店」オ-プン。多店化がスタ-ト。

1970年(昭和45年)
5月

大阪・天満橋に西日本地区の拠点として、客席1千席をもつ大型店「大阪天満橋OMM店」オ-プン。

1977年(昭和52年)
8月

中華街に隣接して注目を集めた「横浜店」オ-プン。

1978年(昭和53年)
10月

関西でも指折りのショッピング街に「神戸三宮・センタ-プラザ店」オ-プン。

 
10月

東京証券取引所市場第2部に上場。

1979年(昭和54年)
11月

東京の副都心新宿超高層ビル街の最上階に「新宿店」オ-プン。

1981年(昭和56年)
8月

地域一番店をめざして「秋田キャッスルホテル店」オ-プン。

1984年(昭和59年)
3月

JR京都駅前に「京都・ホテル京阪店」オ-プン。

 
8月

東京証券取引所市場第1部に上場。

 
9月

「名古屋店」オ-プン。同地区の出店により東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸に至る東海道ラインでのチェ-ン化が実現。

1986年(昭和61年)
4月

商都・大阪の顔となるO.B.P.(大阪ビジネスパ-ク)に「大阪ツイン21店」オ-プン。

1987年(昭和62年)
8月

埼玉県随一の立地環境の中で「JACK大宮店」オ-プン。

1991年(平成3年)
9月

世界文化遺産・国宝姫路城の地に「姫路・山陽百貨店 東天紅」オ-プン。

 
11月

創業30周年記念事業として上野店新館「平成ホ-ル」オ-プン。

1992年(平成4年)
4月

日本料理のレストラン1号店として「海燕亭上野店」オ-プン。

1993年(平成5年)
4月

千葉市中央区に複合レストラン「CHIBA SKY WINDOWS」オ-プン。

1994年(平成6年)
10月

東京・恵比寿ガ-デンプレイスに「恵比寿ガ-デンプレイスタワ-店」オ-プン。

1996年(平成8年)
8月

新宿・初台に「オペラシティ東天紅」オ-プン。

1997年(平成9年)
1月

有楽町・東京国際フォ-ラムに「東京国際フォ-ラム店」オ-プン。

2000年(平成12年)
5月

東京・両国に「第一ホテル両国店」オ-プン。

 
10月

横浜・みなとみらい21地区に「横浜桜木町ワシントンホテル店」オ-プン。

2005年(平成17年)
4月

「上野店」1階、2階、5階、6階並びに外装を改装するとともに、新しいウェディングスタイル「LUCIS(ルーキス)」を導入、オープン。

2006年(平成18年)
3月

ホテルの改装に合わせ、「秋田キャッスルホテル店」を全面リニューアルオープン。

 
9月

「東京国際フォーラム店」に宴会重視の改装を実施。

 
9月

「恵比寿ガーデンプレイスタワー店」を全面改装、リニューアルオープン。

2007年(平成19年)
3月

「上野店」7階グリルをダイニング「LUCIS GARDEN(ルーキスガーデン)」としてリニューアルオープン。

2008年(平成20年)
2月

京都・ホテル京阪店」を全面改装、リニューアルオープン。

 
7月

「横浜店」を婚礼・宴会を重視した改装を実施、リニューアルオープン。

 
9月

「オペラシティ」を改装、地上230mの高さを誇るチャペルを新設し、新しい婚礼ブランド「LA VIE CLAIR(ラヴィクレール)」を導入、オープン。

 
10月

「大阪天満橋OMM店」を全面改装、新しい婚礼ブランド「Coeur et Coeur(クーレクール)」を導入、オープン。

2010年(平成22年)
2月

「大阪ツイン21店」を全面改装し、新たに「CHINOIS DINING T’S GARDEN(シノワダイニング ティーズガーデン)」としてオープン。

2011年(平成23年)
4月

品川駅前に「高輪店」オープン。

2015年(平成27年)
3月

新たな50年に向けての礎として、また更なる成長・発展のための旗艦店として上野本店を建て替え。

2016年(平成28年)
6月

名古屋駅前に「KITTE名古屋店」オープン。

PAGE TOP